レーシック難民にならないようにするためには?

レーシック難民にならないためには、トラブルを回避できるようにしたり、リスクマネジメントに努めることが大切です。
もちろん、事前に対処することで、リスクを完全に回避できるわけではありません。
ですが、成功率を底上げすることはできます。
ここでは、レーシック難民にならないための対策について紹介します。

 

医師との相談は入念に

レーシック手術の際には、医師とよく相談してから手術に移るようにしましょう。
手術後のことをよく考えないで手術を受けると、視力を上げ過ぎたり、反対に視力が足らないといったトラブルに巻き込まれることになります。

 

また、手術によってトラブルが発生した時のことについてよく話し合っておきましょう。
事前に話し合っておけば、もしもの際にも手早く治療することができます。

 

手術を受けるクリニックはよく選ぶようにしましょう

レーシック手術は、どこのクリニックでも同じという訳ではありません。
確かに手術方法こそ同じかもしれませんが、できることなら熟練したスタッフのいるクリニックで手術したほうが安心です。
最近ではレーシックの人気にあやかろうとするクリニックも、少数ながらあるようなので、事前に目的のクリニックの評判を確認しておきましょう。

 

また、保障制度の設けられているクリニックを選ぶようにすると、もしもの際にも安心です。
保障がない場合には、手術のトラブルを治療するのにも高い費用が必要となり、治療を断念するといったケースも少なくありません。
保障やアフターサービスが行き届いたクリニックであれば、そのようなトラブルは防止できるのでお勧めです。

 

レーシックによる合併症についてよく知ること

レーシックの合併症について事前に調べておくことで、もしもの際の対処について知ることができますし、医師との相談も行いやすくなります。
また、合併症に気づかないまま放置するといったことも避けることができます。
少なくとも、過矯正や感染症、ハロやグレアについて知っておいて損はないでしょう。
近年ではフェイキックIOLがレーシック特有の合併症がない視力回復手術として注目されています。