レーシックによる失明のリスクとは?

信頼性が高いとはいえ、デリケートな目を手術するわけですから、外科的処置による危険性について危惧してしまうものです。
レーシックによるリスクを考える際には「失明の危険性はないのか」と考える方も少なくないでしょう。
ですが、日本ではこれまでレーシックによる失明の報告はまだ一件もありません。
レーシックは精密機器を使って処置しますから、高精度での処置ができ、手術によって失明する危険性はほとんどないといえます。

 

感染症による失明の危険性

失明の症例はないものの、過去にレーシックが原因の感染症により失明寸前まで症状が悪化した例があります。
この一件は、それまで失明のリスクはほぼあり得ないとされていたレーシックに対して、大きな衝撃を与えることになりました。
ですが、この一件は院内が不衛生であったために起こったトラブルと分かっており、レーシック手術自体に問題はありません。

 

レーシックで白内障や緑内障を発症する?

レーシック手術を受けることによって、白内障や緑内障を発症したという事例があります。
白内障は視界がくもりガラスのように見える病気で、緑内障は視野が少しづつかけていく病気です。
どちらも症状が悪化すると失明してしまう恐ろしい病気として知られています。

 

レーシック手術後に、これらの症状を発症するといった事例はいくつもあるのですが、それらの事例はレーシック手術が根本の原因ではないようです。
これらの症状は、もともと目に異常がある方に発症することが多いようで、強近視の方に特に多いようです。

 

異常があった際にはすぐに相談を

以上のように、レーシック手術自体によって失明する可能性は、かなり低いということができます。
ですが、レーシック手術によって目に異常が発生した場合には、すぐに医師に相談しましょう。
失明こそしなくとも、感染症や手術の不備によって視力が著しく低下することもあるので、トラブルの際にはすぐに対処してもらいましょう。