最新のレーシック技術とは?

今までのレーシック手術は、視力を向上させることが第一とされていました。
しかし、症例が増えるにつれ、合併症の発症や、手術の失敗例が増えてきてしまいました。
そこで最近のレーシックは、視力向上効果とともに、手術の安全性が求められるようになり、最新技術によって手術の正確性が向上されています。

 

ウェーブスキャン

人の角膜には、個人ごとに歪みがあります。
この僅かな歪みは、レーシックによる乱視の元となり、個人ごとの歪みに合わせた処置が必要となります。
ウェーブスキャンは、これらの角膜の歪みを捉える装置で、ウェーブスキャンで事前に検査しておくことで、個人ごとに最適化された手術を行うことができます。
これによって、手術後の視界の透明度が格段に上がるとされています。

 

トーションエラーディテクション

レーザーを当てる位置は、虹彩の位置によって決定します。
虹彩の位置は、座って検査するときと、横になって手術するときとでは、中心位置が僅かに変わります。
虹彩の中心位置が変わると、レーザー照射位置がずれるので、乱視やドライアイなどの合併症が引き起こされやすくなります
。トーション・エラー・ディテクションは、この僅かな虹彩のずれを検知し、レーザー照射位置を修正するというシステムで、手術の正確性を向上させることができます。

 

アイトラッキングシステム

アイトラッキング・システムとは、目の動きを正確に追跡する最新の技術のことです。
従来のレーシックでは、手術中に患者の視線がぶれた際にもレーザー照射が続き、手術後の合併症の原因となっていました。
アイトラッキング・システムは、患者の目の動きにレーザーが追跡するという機能があり、視線がぶれた際にも正確なレーザー照射を行うことができます。
また、最近では、視線が動いた際には、レーザーを止めるタイプのアイトラッキングシステムもあり、より正確な手術が可能となっています。

 

最新技術を使ったレーシック

上記のような最新技術を使ったレーシックには、ウェーブフロントレーシック、アイレーシック、Zレーシックなどがあります。
通常のレーシックに比べて割高になりがちですが、高い安全性と正確性から、これらの手術を希望する患者は多いようです。