愛人としてうまくいく女性の特徴とは?

例えお金持ちの愛人になれたとしても、男性からよい愛人だと認められなければ、すぐに愛人契約を切られてしまいますし、優雅な生活なんてできませんね。

愛人業をうまくこないしている女性というのは、男性に疑似恋愛を楽しませるのが上手という特徴があります。

この点を理解するには、「そもそもなぜ男性が愛人をほしがるのか?」について考えてみると、答えが見えてくるはずです。

愛人を欲しがる男性というのは、大半が既婚者ですね(もちろん、中には結婚に興味がなかったり、女性との真剣交際はめんどくさいから割り切った関係を望んでいる男性もいます)。

「奥さんとの関係に愛を感じなくなった、でもお金はあるので、若くて美しい女性との楽しい時間をお金で買いたい」

愛人を作りたがる男性というのは、こんな欲求(疑似恋愛がしたい)を持っています。

そのことをよく理解せずに、工場の流れ作業のように愛人業をこなそうとすると、やはりうまくいきません。

例えば、男性と食事に行っても、会話を弾ませる努力をしないで、黙々とただ食べているだけ。

男性とセックスをする場合も、嫌々キスをしたり、フェラを拒否したり、恋人とするようにセックスをしない。

つまり、男性に「嫌々やっているな」というのが伝わってしまうと、愛人契約をすぐに切られてしまいます。

もちろん、女性にも男性との関係を続けるか否かを選択する権利はありますが、お金を払うのは男性であることは忘れてはいけません。

愛人になると決意したなら、プロ意識を持たないとダメですし、そのためには相手をよく選ぶことも大切です。

例えば、いくら毎月の手当が高額でも、見た目も中身も全然タイプじゃない男性の愛人になっても、奉仕をするのに苦痛を感じてしまうでしょうし、それは男性に伝わってしまうものです。

逆に、毎月の手当は少なめでも、見た目も中身もそこそこタイプの男性なら、奉仕することに苦痛は感じないでしょう。

ただ、毎月の手当が少なすぎると、愛人として優雅な生活ができないというデメリットがありますね。

なので、男性から愛人のオファーを受けた時は、「提示された手当の金額は悪くないか?」、「その男性の見た目と中身を考慮してどこまで奉仕できるか?」をよく考慮してオファーを受けるか否かの結論を出すとよいでしょう。